読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Substance Painterのチュートリアルでお勉強その14 スマートマテリアル


Substance Painter Tutorial – Fundamentals 14: Smart Materials

Fundamentals 14: Smart Materials
基礎14 スマートマテリアル

スマートマテリアル

スマートマテリアルは、レイヤーの情報をまとめて一塊として扱うことのできるデータ形式です。



概要

f:id:hildsoft:20170322014828p:plain

スマートマテリアルは、レイヤーを複数持ったデータです。

当然レイヤーにはマスクやジェネレーター、フィルターなどを持つことも可能です。

スマートマテリアルは動画では専用のタブの中にありますが、Ver2.4.1ではスマートシェルフからアクセスします。



スマートマテリアルの作り方

f:id:hildsoft:20170322014835p:plain

スマートマテリアルを作成するには、レイヤー上で右クリックし、 Create smart materialで作成できます。

スマートマテリアルは、別のプロジェクトで使用することも可能です。



スマートマテリアルの使い方

f:id:hildsoft:20170322014842p:plain

木箱の上側に、下側で作成したスマートマテリアルを追加してみます。

作成したスマートマテリアルを、レイヤーの一番上に来るようにドラッグ&ドロップします。



ベイクで作成されるテクスチャマップの扱い

f:id:hildsoft:20170322014848p:plain

ドラッグ&ドロップすると、上側にもテクスチャが貼られます。

下側で作成したスマートマテリアルと同じ構成のレイヤーが作成され、 必要なテクスチャ(curvatureやambient occulusionなどベイクで自動生成されるもの)は自動で割り当てられます。



パラメータ設定

f:id:hildsoft:20170322014855p:plain

スマートマテリアルで作成したレイヤー上のパラメータ類は、独自に設定することができます。

色を変えたり、傷の多さを変更したりなど、選択しているTexture Setにのみ個別に行うことが可能です。

スマートマテリアルは、プロジェクト間でTexture Setを使いまわすことができる優れた機能です。