読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Substance Painterのチュートリアルでお勉強その15 透明度


Substance Painter Tutorial – Fundamentals 15: Opacity

Fundamentals 15: Opacity
基礎15 透明度

透明を表現する方法

透明を表現するには、透明になる場所を設定するためのマップが必要になります。



チャンネルの追加

f:id:hildsoft:20170322213840p:plain

透明を表現するには、透明度のチャンネルを使用します。

チャンネルの追加ボタンをクリックして、Opacityチャンネルを追加してください。



シェーダーを変更

f:id:hildsoft:20170322213855p:plain

チャンネルを追加しただけでは、マップを作成するだけでビューポート上は変わりません。

ビューポートに透明表現を加える場合は、シェーダーを変更する必要があります。

透明度をサポートしているシェーダーは、

  • Alpha Blending
  • Alpha Test

の2つです。

Alpha Blendingは、透過具合を滑らかに変更することができます。

Alpha Testは、透明にするかしないかを決め、透明にする部分は切り取ったように完全に透明になります。



透明度を操作するレイヤーの準備

f:id:hildsoft:20170322213903p:plain

バイザー部分を透明にしてみましょう。

バイザー部分だけをペイントできるようにマスクを設定したグループ(フォルダ)を作成し、 その中に実際にペイントするレイヤーを2つ用意します。

色などは別途指定した方が調整がしやすいので、作成する2つのレイヤーはopacityのみを持たせた方が良いです。



全体の透明度調整

f:id:hildsoft:20170322213909p:plain

フィルレイヤーで、バイザー部分の全体の透明度を調整します。

数値が0の時が完全に透明で、数値を1に近づけるほど不透明になります。



部分的な透明度調整

f:id:hildsoft:20170322213920p:plain

スタンダードレイヤーで、バイザーを部分的に透明にします。