SubstancePainter2017.1.0

f:id:hildsoft:20170623112304j:plain

新しいライセンス形態のSubstance Painter

6/20にSubstancePainterのメジャーナンバーではないバージョンアップが行われました。

以前アナウンスがあった通り、これまでのバージョンで区切りをつけるアップデート形式ではなく、随時機能追加を行っていくことになりました。

www.hildsoft.com

それに伴い、ソフト名も"Substance Painter 2"から"Substance Painter"になっています。

ソフト起動時に通知されていたバージョンアップのダイアログも出ませんので、今回はサイトからダウンロードする必要があります。

今回はソフト名が変わったからだと思いますので、恐らく次回のアップデートからは通知があるでしょう。

また、ライセンスキーも変更になっていますのでご注意ください。


ソフトの機能変更点

公式のニュースリリース

www.allegorithmic.com

ヘルプ

Version 2017.1 - Substance Painter - Allegorithmic Documentation

今回の大きな変更は2点、Substance Sourceプラグインの実装と、アセットの追加のようです。

Substance Sourceプラグイン

今まではWebブラウザでSubstance Sourceサイトにログインしてマテリアルをダウンロードしていましたが、 プラグイン実装でSubstance Painter上から直接ダウンロードすることができるようになりました。

直接Shelfに格納できるので、今までのようにファイルをダウンロードしてインポートするという手間が省けます。

使い方は今までと同様、メニューバーにあるSubstance Sourceのアイコンで開けます。Webブラウザの代わりにプラグインでダイアログが開きます。

アセットの追加

日本語や中国語のフォント、SF、幾何学、中世、ケルト風のアルファ画像、新しいフィルターなど、300近いアセットが追加されています。

標準の環境マップも修正されているようなので、少し黄色っぽく見える場合はそれが原因のようです。

パラメータで調整できるアルファ、フィルターが増えて作業の効率化ができそうです。

公開後にライブ配信された解説動画


What’s new in Substance Painter 2017.1